m3.com トップ > 臨床ニュース > 一部B肝ワクチンが一時供給停止の見通し

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

一部B肝ワクチンが一時供給停止の見通し ビームゲン注0.25mL/0.5mLの製造・供給開始に6カ月

B型肝炎ワクチン「ビームゲン注0.25mL/0.5mL」を製造販売するKMバイオロジクス(熊本市)は8月30日、同製剤の供給が、市場在庫の消尽をもって一時停止する見通しになったと発表した。製造再開は2019年1-2月頃になるとしている。KMバイオロジクスは、2018年7月に明治グループ、熊本県、熊本企業グループが設立した株式会社で、一般財団法人化学及血清療法研究所(以下化血研)からワクチン事業、血漿分画製剤事業、臨床検査業務の譲渡を受けている。ビームゲンに関しては、化血研時代に起きた熊本地震でビ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞