m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児医療領域での暴力、初の全国調査【第28回日本外来小児科学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児医療領域での暴力、初の全国調査【第28回日本外来小児科学会】 学会が実態把握を開始-Vol. 1

小児を診る診療所における患者・家族から職員への暴言、暴力、セクシュアルハラスメント(セクハラ)、嫌がらせの実態に関する初の全国調査の速報値が第28回日本外来小児科学会年次集会(SAGPJ2018、2018年8月24-26日、東京都、黒木春郎会頭)で報告された。日本外来小児科学会の全会員を対象としており、小児医療の現場での大規模調査としては初の試み。速報値を報告した関西医科大学看護学部教授の三木明子氏によると、「過去1年に患者やその家族から暴言、暴力、セクハラ、嫌がらせを受けた」と回答した割合は1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞