m3.com トップ > 臨床ニュース > 見過ごしがち?小児医療現場での暴力・暴言の内容【第28回日本外来小児科学会】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

見過ごしがち?小児医療現場での暴力・暴言の内容【第28回日本外来小児科学会】 学会が実態把握を開始-Vol. 2

小児診療所での暴言、暴力、セクシュアルハラスメント、嫌がらせの実態に関する初の全国調査の速報値が、第28回日本外来小児科学会年次集会(SAGPJ2018、2018年8月24-26日、東京都、黒木春郎会頭)で報告された。「過去1年に患者や家族から暴力・暴言などの被害を受けたことがある」と回答した人の割合は、先行研究に比べ低い結果だった。一方、今回の調査で寄せられた、実際にあった暴力や暴言の内容は医療機関では「仕方がない」と見過ごされていそうな行為も含まれているという。報告した三木明子氏(関西医科大...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞