m3.com トップ > 臨床ニュース > 複数疾患合併の高齢弁膜症、手術か否か【時流◆緩和ケアを考える2】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

複数疾患合併の高齢弁膜症、手術か否か【時流◆緩和ケアを考える2】 武蔵野赤十字病院循環器科チームの症例ワークショップ-Vol. 1

2018年9月6日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患救急その他

6月に東京都内で開かれた第3回関東循環器緩和ケア研究会(代表世話人=慶應義塾大学循環器内科特任講師・河野隆志氏)では、心不全増悪を繰り返す中で、治療あるいは治療中止の判断を迫られる患者と、それを支える医療者側の課題解決に向けた取り組みに関する2例のケーススタディが行われた。1例目は、武蔵野赤十字病院循環器科の山口徹雄氏と同院看護師の西村ゆき氏らのチームによる発表で、高度難聴・独居高齢女性の弁膜症が悪化したケース。「手術の医学的適応はあるが、既往歴と代理意思決定者がいない状況では、根治のための弁置...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞