m3.com トップ > 臨床ニュース > 膿疱性乾癬(汎発型)診療GL2014を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

膿疱性乾癬(汎発型)診療GL2014を公開 日本皮膚科学会作成、5章・28CQ

2018年9月6日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 皮膚疾患

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本皮膚科学会が作成した「膿疱性乾癬(汎発型)診療ガイドライン2014年度版」をオンラインで無料公開した。5章立てで、プライマリーケア、光線療法、合併症治療とアウトカムなど、治療法に関する28項目のクリニカルクエスチョン(CQ)が設定されている。同GLは、膿疱性乾癬(汎発型)を全身性炎症反応とみなし、一次医療機関のプライマリーケア、二次・三次医療機関での全身管理、皮膚症状に対する治療に加えて、関節炎などの合併症に対する治療を考慮し、急性期治療とともに、生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞