m3.com トップ > 臨床ニュース > コンドリアーゼの技術料算定で告知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

コンドリアーゼの技術料算定で告知 後縦靭帯下脱出型の腰椎椎間板ヘルニア治療で

日本整形外科学会はこのほど、新規承認医薬品の腰椎椎間板ヘルニア治療剤「コンドリアーゼ」(販売名:ヘルニコア椎間板注用1.25単位)使用に係る技術料の算定について、告知を同学会ホームページに掲載した。日本脊椎脊髄病学会と日本脊髄外科学会等が認定した施設において、コンドリアーゼを用いて後縦靭帯下脱出型の腰椎椎間板ヘルニアに治療を行った場合に算定できるとしている。同剤は、2018年3月23日に承認、5月22日に薬価基準収載され、8月から販売されている。告知によると、算定方法については、「日本脊椎脊髄病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞