m3.com トップ > 臨床ニュース > 患者との意思疎通不能で起きること【時流◆緩和ケアを考える2】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

患者との意思疎通不能で起きること【時流◆緩和ケアを考える2】 武蔵野赤十字病院循環器科チームの症例ワークショップ-Vol. 2

2018年9月13日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患救急その他

さまざまな疾患を抱える中、大動脈弁狭窄症・僧帽弁狭窄症のために心不全増悪を繰り返すようになった独居・難聴の高齢女性。こうした症例では生活サポートの負担の軽減を目指して、根治のための両弁置換術に踏み切るべきか。また、疾患の経過の中で患者本人との意思疎通が不可能となった時、何が起き、どういった対応が求められるのか。独居者数が大きく増加する中、同様の事例はさらに増えることも考えられる。6月に東京都で開かれた第3回関東循環器緩和ケア研究会(代表世話人=慶應義塾大学循環器内科特任講師・河野隆志氏)での、武...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞