m3.com トップ > 臨床ニュース > 23価再接種、13価定期化を見送り

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

23価再接種、13価定期化を見送り 高齢者の肺炎球菌感染症予防接種、第11回厚生科学審議会ワクチン評価に関する小委員会

2018年9月12日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患呼吸器疾患感染症

2014年10月から定期接種が開始された、高齢者に対する23価肺炎球菌ワクチン(PPSV23)。9月10日の第11回厚生科学審議会予防接種基本方針部会ワクチン評価に関する小委員会(委員長:脇田隆字・国立感染症研究所所長)で、5年の経過措置が過ぎる2019年度以降の肺炎球菌ワクチンの接種体制に関する取りまとめが行われた。PPSV23に関しては「現時点で侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)および肺炎球菌性肺炎の予防効果の持続期間が明らかになっておらず、定期接種としては再接種を推奨しない」とした。また、新た...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞