m3.com トップ > 臨床ニュース > 特定のウイルスに感染した小児で呼吸器感染症のリスクが上昇

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

特定のウイルスに感染した小児で呼吸器感染症のリスクが上昇

2018年9月13日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患感染症

東北大学は9月10日、特定のウイルスに罹患したのちに呼吸器感染症のリスクが高まることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科微生物学分野の押谷仁教授と京都大学ウイルス・再生医科学研究所の古瀬祐気特定助教らのグループが、フィリピン国熱帯医学研究所と共同で行ったもの。研究成果は「TheJournalofInfectiousDiseases」に掲載されている。急性呼吸器感染症は、特に途上国の小児の主要な死亡原因のひとつとなっている。多くのウイルス・細菌などのなかでも、インフルエンザ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞