m3.com トップ > 臨床ニュース > 輸血有害事象対応指針案を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

輸血有害事象対応指針案を公開 日本輸血・細胞治療学会が意見募集

2018年9月14日 日本輸血・細胞治療学会  カテゴリ: 救急その他

日本輸血・細胞治療学会は、「科学的根拠に基づいた輸血有害事象対応ガイドライン(案)」を同学会ホームページに公開し、パブリックコメントを募集している。同ガイドライン(GL)は、臨床の現場で有用と思われる輸血有害事象への予防・治療を概説したもの。溶血性副作用、アナフィラキシー、TRALI、TACO、CMVについて、クリニカルクエスチョン(CQ)を設定している。意見募集の締め切りは2018年10月5日で、同学会ガイドライン委員会の輸血有害事象検討タスクフォースが電子メールで受け付けている。同GLは、強...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞