m3.com トップ > 臨床ニュース > 心房細動バルーンアブレーションの合併症で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心房細動バルーンアブレーションの合併症で注意喚起 日本不整脈心電学会が緊急で呼びかけ

2018年9月13日 日本不整脈心電学会  カテゴリ: 循環器疾患その他

日本不整脈心電学会はこのほど、バルーンを用いた心房細動(AF)カテーテルアブレーションで重大な合併症の発生が相次いでいるとして、緊急注意喚起を発した。クライオバルーンアブレーション(冷凍焼灼)症例における重篤な脳梗塞・心筋梗塞の発生、ホットバルーンアブレーション症例における左房食道瘻の発生が報告されているとしている。クライオバルーンアブレーション症例における重篤な脳梗塞・心筋梗塞の発生については、空気塞栓によるものと考えられ、クライオバルーン用のシース(FlexCathAdvance)にバルーン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞