m3.com トップ > 臨床ニュース > 第5回 SGLT2阻害薬は「みにくいアヒルの子」だったのか?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第5回 SGLT2阻害薬は「みにくいアヒルの子」だったのか? 執筆:和田淳(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学)、監修:南学正臣(東京大学医学部附属病院)

はじめに生まれた時は多くの専門家から批判や慎重論、しかし……SGLT2阻害薬が経口糖尿病薬として開発された当初から、発売後も、SGLT2阻害薬に対する多くの批判や慎重論があります。糖尿病専門医からは「そもそもブドウ糖を尿中に捨てる薬は、糖尿病治療の基本に反する。適切な炭水化物の摂取量を守るべきだ」、腎臓専門医からは「浸透圧利尿による脱水で腎機能の悪化が懸念される。また、尿細管が長期にわたって高濃度のブドウ糖にさらされることによる細胞毒性が懸念される」、循環器専門医からは「脱水によって脳梗塞や心筋...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞