m3.com トップ > 臨床ニュース > 頭の変形、「様子見」はやめよう!【時流◆その「寝ぐせ」手術が必要?】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

頭の変形、「様子見」はやめよう!【時流◆その「寝ぐせ」手術が必要?】 慶應義塾大学形成外科講師・坂本好昭氏へのインタビュー-Vol. 1

2018年9月18日 時流  カテゴリ: 小児科疾患一般外科疾患整形外科疾患その他

最近、頭の形状を整えるためのヘルメットを装着する乳児が増えているのをご存じだろうか。有名人がSNSなどを通じて、自分の子にヘルメットによる治療を受けさせた経過を報告したことなども一因とみられる。頭のサイズが大きい人間の子どもは出生時に7枚の頭蓋骨を重ね合わせることで産道を通過してくることから、乳児期には頭が容易に変形する。頭蓋変形の中には頭蓋縫合早期癒合症と呼ばれる疾患が含まれている。小児科医の95%が保護者から「頭のゆがみ(寝ぐせ)」に関する相談を受けたことがあるが、うち85%は「様子を見まし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞