m3.com トップ > 臨床ニュース > どうする?「帰りたい」のに帰せない患者【時流◆緩和ケアを考える2】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

どうする?「帰りたい」のに帰せない患者【時流◆緩和ケアを考える2】 聖マリアンナ医科大学心不全・緩和チームの症例ワークショップ-Vol. 1

2018年9月20日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患その他

2018年6月に東京都内で開かれた第3回関東循環器緩和ケア研究会(代表世話人=慶應義塾大学循環器内科特任講師・河野隆志氏)のケーススタディ、2例目は聖マリアンナ医科大学循環器内科心不全チームの木田圭亮氏、緩和ケアチームの平川麻美氏、看護師の川道由加氏らの発表を紹介する。心不全増悪による入退院を繰り返す中で、徐々に心機能が悪化してきた患者。在宅点滴や訪問看護などの提案も断る一方、「家に帰りたい」「(治療をどうするかは)分からない」と繰り返す本人と、「本人の意向を尊重したい」と話す家族。「医療者が勧...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞