m3.com トップ > 臨床ニュース > 血行促進・皮膚保湿剤ヒルドイドにエアゾール剤 広い患部に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血行促進・皮膚保湿剤ヒルドイドにエアゾール剤 広い患部に

2018年9月18日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患皮膚疾患投薬に関わる問題

マルホは9月13日、血行促進・皮膚保湿剤ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)の外用エアゾール剤を発売したと発表した。容器からきめ細やかな泡を噴出するフォーム剤で、伸びやすいため広範な患部に素早く塗布できるのが特徴。製品名は、ヒルドイドフォーム0.3%。販売中のヒルドイドと同じ有効成分を同一濃度含有する。皮脂欠乏症等の治療選択肢の拡大とアドヒアランスの向上を期待する。1日1回~数回適量を塗布する。薬価は、1gあたり22.20円。効能・効果は「血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛と炎症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞