m3.com トップ > 臨床ニュース > ノンアルコール手指消毒剤の事業化に関する基本覚書契約を締結

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ノンアルコール手指消毒剤の事業化に関する基本覚書契約を締結

2018年9月19日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患

キョーリン製薬ホールディングス株式会社は9月13日、子会社である杏林製薬株式会社が吉田製薬株式会社と、吉田製薬が医薬部外品として開発しているノンアルコール手指消毒剤の事業化に関する基本覚書契約を締結したと発表した。杏林製薬と吉田製薬は、環境除菌・洗浄剤「ルビスタ(R)」を共同で販売している。さらに、今回の契約締結により、ノンアルコール手指消毒剤についても2019年春の事業化を目指し、両社共同での取り組みを開始するという。医療関連感染の感染経路として最も頻度が高いのは、手指や環境表面を介した接触感...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞