m3.com トップ > 臨床ニュース > 産婦人科の働き方改革宣言と提言公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産婦人科の働き方改革宣言と提言公表 年500人以上の新規産婦人科専攻医を提案

2018年9月20日 日本産科婦人科学会  カテゴリ: 産婦人科疾患

日本産科婦人科学会はこのほど、「『産婦人科医の働き方改革』宣言と提言」を同学会ホームページに発表した。産婦人科医の勤務時間を削減するには、医療体制自体の変革「医療改革」が必要不可欠であるとし、自らの働き方改革を、医療改革を通じて実現していくと宣言。そのための具体的な提言として、年間500人以上の新規産婦人科専攻医の実現、産科診療における高水準のチーム医療の推進など5つの施策の推進を提案している。同提言は、同学会と日本産婦人科医会によるもの。年間500人以上の新規産婦人科専攻医の実現については、産...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞