m3.com トップ > 臨床ニュース > 感染性腸炎治療薬ダフクリア錠を新発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠を新発売

2018年9月20日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患感染症投薬に関わる問題

アステラス製薬は9月18日、感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(一般名:フィダキソマイシン)を同日に新発売したと発表した。適応菌種はクロストリジウム・ディフィシル(以下、CD)で、これに起因する感染性腸炎に用いる。薬価は200mg1錠3943.80円(1日薬価:7887.60円)。国内ではメトロニダゾール、バンコマイシンといった治療薬があるが、近年は感受性が低下しているとの報告があり、新たな治療選択肢が求められていた。ダフクリアは、アステラスが米メルクから導入した新規機序と選択的な抗菌スペクトルを有す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞