m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗認知症薬アリセプトの後発品に「レビー小体型認知症」の適応追加申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗認知症薬アリセプトの後発品に「レビー小体型認知症」の適応追加申請

2018年9月25日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

MeijiSeikaファルマは9月19日、アルツハイマー型認知症治療薬アリセプトの後発医薬品の適応に「レビー小体型認知症」を追加する承認申請を行ったと発表した。先発品との適応不一致を解消するために一変申請を行ったとしている。承認申請は、ドネペジル塩酸塩錠「明治」と同OD錠「明治」の2製品に対するもので、承認されれば、効能・効果は「アルツハイマー型認知症及びレビー小体型認知症における認知症症状の進行抑制」となり、レビー小体型認知症の用法・用量も新たに設定される。提供:ミクスオンライン

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞