m3.com トップ > 臨床ニュース > 胎児遅発一過性徐脈のリーフレット公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胎児遅発一過性徐脈のリーフレット公開 変動一過性徐脈との鑑別、分娩管理で重要

日本医療機能評価機構はこのほど、「遅発一過性徐脈と変動一過性徐脈の鑑別」と題したリーフレットをまとめた。産科医療において、遅発一過性徐脈は子宮胎盤循環不全を反映し、変動一過性徐脈は臍帯圧迫を反映する所見であることから胎児のおかれた状態は異なり、これらを鑑別することは分娩管理において重要としている。日本周産期・新生児医学会が同学会ホームページで周知した。同機構の産科医療補償制度再発防止委員会がまとめた「第8回産科医療補償制度再発防止に関する報告書」によると、同制度で補償対象となった脳性麻痺事例のう...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞