m3.com トップ > 臨床ニュース > 橈骨遠位端骨折診療GL2017を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

橈骨遠位端骨折診療GL2017を公開 日本整形外科学会など監修、髄内釘の新規CQも

2018年9月28日 医療情報サービス(Minds)  カテゴリ: 整形外科疾患

医療情報サービス(Minds)はこのほど、日本整形外科学会と日本手外科学会が監修した「橈骨遠位端骨折診療ガイドライン2017」をオンラインで無料公開した。同ガイドライン(GL)は、2012年の初版を改訂したもの。橈骨遠位端骨折の疫学、診断、治療などの5章構成で、多種多彩なロッキングプレートの出現や髄内釘といった内固定材料の使用などに関する新たなクリニカルクエスチョン(CQ)が設けられている。同GLは、初版と同様、臨床、実践の場において橈骨遠位端骨折の診断・治療に携わる医師を支援することを目的に作...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞