m3.com トップ > 臨床ニュース > 関節リウマチの病態に関わる転写因子「Sox4」を同定

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

関節リウマチの病態に関わる転写因子「Sox4」を同定

2018年9月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患整形外科疾患

京都大学は9月25日、関節リウマチの病態に関わる転写因子を同定したと発表した。この研究は、同大ウイルス・再生医科学研究所/iPS細胞研究所、同リウマチセンターならびに病理診断科らとの共同研究によるもの。研究成果は「NatureCommunications」オンライン公開に公開されている。これまでに研究グループは、炎症を起こしている患者の関節の中にあるT細胞の機能を調べ、PD-1という分子を表面に発現するヘルパーT細胞がリンパ球を集積させる因子「CXCL13」を分泌し、炎症のある部分にリンパ濾胞と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞