m3.com トップ > 臨床ニュース > 第4回 「ゾフルーザ」やっと出た論文を読んでみた!

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

第4回 「ゾフルーザ」やっと出た論文を読んでみた! 感染症・集中治療 福家良太(東北医科薬科大学病院)

2018年10月3日 スペシャリストの視点  カテゴリ: 一般内科疾患救急

今回扱う論文BaloxavirMarboxilforUncomplicatedInfluenzainAdultsandAdolescents.NewEnglandJournalofMedicine2018;379:913-923論文概要論文の「補遺」まで目を通していますか?キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬と呼ばれる新規クラスの抗インフルエンザ薬バロキサビル(商品名ゾフルーザ)は、臨床第III相試験の論文報告など医療従事者が十分な情報を入手できない状態での発売開始で困惑の声も上がっていました...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞