m3.com トップ > 臨床ニュース > 腹腔鏡下胆嚢摘出術の死亡事故で提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腹腔鏡下胆嚢摘出術の死亡事故で提言 「安全な手術」イメージに警鐘

日本医療安全調査機構はこのほど、医療事故の再発防止に向けた提言第5号「腹腔鏡下胆嚢摘出術に係る死亡事例の分析」をホームページで公開した。同提言の公表にあたっては、医療事故調査制度開始から2018年5月までの2年8か月間で医療事故調査・支援センターに報告された腹腔鏡下胆嚢摘出術の死亡例8例のうち、喘息発作で死亡した1例を除く7事例を分析。再発防止策として、「手術適応」「説明と納得」「手術手技」「術後管理」「院内体制の整備」の5テーマで6つの提言を示している。腹部外科領域で数多く施行されている術式の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞