m3.com トップ > 臨床ニュース > 検査項目追加時の手続き簡略化、今後検討【臨床腫瘍学会2018】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

検査項目追加時の手続き簡略化、今後検討【臨床腫瘍学会2018】

2018年10月11日 MMJ  カテゴリ: 

第16回日本臨床腫瘍学会術集会(会長・中西洋一九州大学胸部疾患研究施設教授)が7月19~21日、神戸市内で開かれ、19日には日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会による合同シンポジウム「がんゲノム医療」があった。医薬品医療機器総合機構体外診断薬審査室の柳原玲子審査役は「次世代シークエンサーを用いた遺伝子解析システムの規制」について話し、「より簡略化した薬事手続きが可能か今後、検討していきたい」と述べた。(MMJ編集長・吉川学)位置付けに応じて規制上の取り扱いを変更柳原審査役は最初に、がんゲ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞