m3.com トップ > 臨床ニュース > 癌遺伝子パネル検査の診療ガイダンス作成【臨床腫瘍学会2018】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

癌遺伝子パネル検査の診療ガイダンス作成【臨床腫瘍学会2018】

2018年10月15日 MMJ  カテゴリ: 

第16回日本臨床腫瘍学会術集会(会長・中西洋一九州大学胸部疾患研究施設教授)が7月19~21日、神戸市内で開かれ、19日には日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会による合同シンポジウム「がんゲノム医療」があった。近畿大学医学部ゲノム生物学の西尾和人教授は「がんゲノム医療の実装に向けたがん遺伝子パネル検査の診療ガイダンスと人材育成」について話し、「外部精度管理や連携、教育でがんゲノム医療の均てん化が進む」と述べた。AMED関連事業でクリニカルシークエンスラリー実施日本臨床腫瘍学会、日本癌治療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞