m3.com トップ > 臨床ニュース > 全身持久力の基準達成で高血圧の発症リスクが低下

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

全身持久力の基準達成で高血圧の発症リスクが低下

2018年10月15日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

東北大学は10月10日、厚生労働省が定めた全身持久力の基準を達成すると、その後の高血圧発症のリスクが低くなることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科の門間陽樹講師と同大学院医工学研究の永富良一教授(兼・大学院医学系研究科)が、東京ガス株式会社および医薬基盤・健康・栄養研究所と共同で行ったもの。研究成果は、「JournalofHypertension」(電子版)に掲載されている。高血圧の予防には、ランニングなどの運動によって全身持久力を高く保つことが有効であるとされている。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞