m3.com トップ > 臨床ニュース > 多剤耐性菌に有効な抗菌薬を探索する共同研究を開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

多剤耐性菌に有効な抗菌薬を探索する共同研究を開始

2018年10月16日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 感染症

微生物化学研究会微生物化学研究所(微化研)とキョーリン製薬ホールディングス株式会社の子会社である杏林製薬株式会社は10月11日、微化研が保有する天然物およびその関連物質を杏林製薬に提供することに合意し、多剤耐性菌に有効な抗菌薬の探索をする共同研究を開始したと発表した。ペニシリンの発見以来、抗菌薬は、細菌感染症の治療薬として人々の健康に大きく貢献している。その一方近年では、多くの抗菌剤に耐性を示す多剤耐性菌による感染症が問題となっており、抗菌薬の適正使用とともに、多剤耐性菌に有効な抗菌薬の開発が望...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞