m3.com トップ > 臨床ニュース > 脳内BDNFの増強が期待される新たな発芽玄米製造法を開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脳内BDNFの増強が期待される新たな発芽玄米製造法を開発

2018年10月16日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患

国立循環器病研究センターは10月10日、発芽玄米に含まれる健康成分を増加させる製造方法を開発し、独自のマウスモデルを用いた実験で、その発芽玄米を継続摂取することで脳内物質「BDNF」の産生が増強されることを確認したと発表した。この研究は、同研究所分子病態部の柳本広二疾患分子研究室長の研究グループと、SBIホールディングス株式会社との共同研究によるもの。BDNFは、脳由来神経栄養因子とよばれる分泌性タンパク質の一種。脳内BDNFの適度の産生増加は、虚血性脳卒中への抵抗性や記憶力を高め、うつ症状を軽...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞