m3.com トップ > 臨床ニュース > 皮膚内の微小血管を非侵襲で可視するイメージング技術を開発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

皮膚内の微小血管を非侵襲で可視するイメージング技術を開発

2018年10月17日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 皮膚疾患その他

東北大学は10月12日、2波長の光超音波画像と超音波画像を同時に撮影できる、皮膚の「invivoイメージング技術」の開発に成功したと発表した。この研究は、同大大学院医工学研究科の西條芳文教授、株式会社アドバンテスト新企画商品開発室統括リーダーの増田則之氏らの研究開発グループが、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)のひとつである「イノベーティブな可視化技術による新成長産業の創出」の一環として行ったもの。同プログラムでは、光超音波技術を利用した...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞