m3.com トップ > 臨床ニュース > 腎機能異常でのスタチンとフィブラートの併用 原則禁忌から「重要な基本的注意」に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腎機能異常でのスタチンとフィブラートの併用 原則禁忌から「重要な基本的注意」に

2018年10月18日 ミクスOnline  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患投薬に関わる問題

厚労省医薬・生活衛生局医薬安全対策課は10月16日腎機能の臨床検査値に異常が認められる患者に対する高脂血症用薬のスタチンとフィブラートの併用について、「原則禁忌」から削除し、「重要な基本的注意」とする添付文書の改訂を行うよう日本製薬団体連合会に通知で指示した。重要な基本的注意には、腎機能異常が認められる患者にスタチンとフィブラートを併用する場合は「治療上やむを得ないと判断される場合にのみ」とし、「急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症があらわれやすい」と明記する。定期的な腎機能検査を行うよう求め、腎...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞