m3.com トップ > 臨床ニュース > 「ダメなら突き放す」「主治医以外の説明が重要」など疾患管理の工夫

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「ダメなら突き放す」「主治医以外の説明が重要」など疾患管理の工夫 意識調査「慢性疾患の管理状況を教えてください」-Vol. 4

慢性疾患の管理は困難な症例も少なくないが、さまざまな工夫で乗り越えている医師たちがいる。m3.comで慢性疾患管理に関する意識調査を実施したところ、自由回答欄にはコントロール不良例の対策として「ダメなら突き放す」「主治医以外の説明が重要」などの声が寄せられた。Vol.4ではこれまで紹介した疾患以外への具体的な工夫を診療科ごとに紹介する。(m3.com編集部・小島領平)内科:「ダメなら突き放す」悪い習慣をやめるように説得。ダメなら突き放す(内科・勤務医)少しでも改善が見られた時に大げさに褒める(内...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞