m3.com トップ > 臨床ニュース > レンボレキサント、不眠障害のP3試験で主要評価項目・副次評価項目を達成

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

レンボレキサント、不眠障害のP3試験で主要評価項目・副次評価項目を達成

2018年10月22日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患投薬に関わる問題

エーザイ株式会社は10月17日、開発中の睡眠覚醒障害治療剤「レンボレキサント」に関して、長期の有効性および安全性評価を目的とする臨床第3相試験(SUNRISE2試験/303試験)の結果を発表した。プラセボを対照とした6か月時点の解析において、良好なトップライン結果を得たという。同試験は、最終の12か月まで継続予定。詳細な解析結果は、2019年内の学会などで発表する。レンボレキサントは、エーザイ創製の新規低分子化合物で、オレキシン受容体の2種のサブタイプ(オレキシン1および2受容体)に対し、オレキ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞