m3.com トップ > 臨床ニュース > SGLT2阻害薬による腎保護効果は尿細管が標的か

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SGLT2阻害薬による腎保護効果は尿細管が標的か

2018年10月22日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

旭川医科大学は10月17日、糖尿病治療薬のSGLT2阻害薬による腎保護効果は、尿細管を標的としたものであることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大内科学講座(病態代謝内科学分野)の滝山由美准教授、名古屋工業大学大学院工学研究科の中村匡徳教授、九州大学工学研究院の世良俊博准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Cell」と「Lancet」の共同オープンアクセス誌「EBioMedicine」に掲載されている。日本国内の糖尿病患者は現在1000万人とされ、そのうちの30%が合併症である糖...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞