m3.com トップ > 臨床ニュース > 給電端末が不要なコンタクトレンズ方式の持続型血糖モニタリング装置を試作

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

給電端末が不要なコンタクトレンズ方式の持続型血糖モニタリング装置を試作

2018年10月23日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患その他

名古屋大学は10月17日、世界最小クラスの発電・センシング一体型血糖センサーを新しく開発し、コンタクトレンズ方式の持続型血糖モニタリング装置の試作に成功したと発表した。この研究は、同大大学院工学研究科の新津葵一准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、この研究成果は、国際会議「IEEEBioCAS2018」にて発表される予定。昨今、糖尿病治療や予防においては、患者自身が血糖値を持続的に把握しコントロールすることが重要となっている。血糖値の測定には、従来、皮下にセンサーを埋め込むなどの装置が主...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞