m3.com トップ > 臨床ニュース > オラパリブ疑義照会で厚労省回答

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

オラパリブ疑義照会で厚労省回答 日本乳癌学会が内容をホームページに掲載

2018年10月25日 日本乳癌学会  カテゴリ: 一般外科疾患投薬に関わる問題

日本乳癌学会はこのほど、2018年7月に癌化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳癌の治療薬として適応拡大となった「オラパリブ」(商品名:リムパーザ)の疑義照会に対する厚生労働省保険局医療課からの回答を、同学会ホームページで掲載した。遺伝カウンセリング加算の対象となる要件や、同薬の治験などに参加して受けた検査の取り扱い関する問い合わせへの回答内容が提示されている。「どのような場合に遺伝カウンセリング加算の対象となるか」に関する質問に対しては、「遺伝カウンセリン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞