m3.com トップ > 臨床ニュース > ヘパリン中止2時間で手術、判断のポイント【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

ヘパリン中止2時間で手術、判断のポイント【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.56_4

深部静脈血栓症(DVT)に前置胎盤と相反するリスクを抱えて自治医科大学附属さいたま医療センターに緊急入院した39歳女性症例は、児がnon-reassuringfetalstatus(NRFS)となったことから緊急帝王切開となった。ヘパリンは術前のどのタイミングで中止したのか。NRFSの意味するところとは。同センタージュニアレジデント1年目の黄弘吉氏の発表を紹介してきたm3.com研修最前線、「総合回診」シリーズ第56弾、最終回は、上級医との質疑応答の模様をお送りする。妊娠中はヘパリン1日3万単位...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞