m3.com トップ > 臨床ニュース > MR社内一斉接種、今年で6年目

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

MR社内一斉接種、今年で6年目 医療関連企業・サクラファインテックジャパンの取り組み

10月24日、病理検査機器などを製造販売するサクラファインテックジャパンで、希望する全社員へのインフルエンザならびに麻疹風疹混合(MR)ワクチンの一斉接種が行われた。社内でのこれらのワクチンの一斉接種は「医療機関に出入りする社員がワクチンで防げる疾患(VPD)の感染源になってはならない」と、2012年-13年の風疹流行を機に始められ、今年で6年目を迎える。(m3.com編集部坂口恵)風疹流行で昨年より接種希望者が増加サクラファインテックジャパンの一斉接種は、全国の社員が集まる経営方針発表会の翌日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞