m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児の上気道感染、診断と対応の注意点【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

小児の上気道感染、診断と対応の注意点【研修最前線】 研修最前線 小児の発熱と腹痛 自治医科大学附属さいたま医療センター研修医セミナー「小児の発熱と腹痛」 Vol.1_3

2018年10月31日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患一般外科疾患

小児の発熱と腹痛への対応を学ぶ初期研修医向けセミナー、第3回は発熱の最大の原因となる感染症について。まずは最も多い気道感染のうち、上気道感染への対応について学ぶ。講師は引き続き、自治医科大学附属さいたま医療センター小児科助教の山下信一郎氏。研修最前線一覧はこちら-->前回の記事『生後3カ月までの赤ちゃん、熱への対応を学ぶ』はこちら小児領域で多い感染症山下小児の発熱の原因で最も多いのは感染症です。今日は時間に限りがありますので、主なものだけ紹介していきます。小児領域で最もよく遭遇するのは気道感染で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞