m3.com トップ > 臨床ニュース > 葛根湯が併用漢方「その他」の最多に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

葛根湯が併用漢方「その他」の最多に 「西洋薬と併用することの多い漢方は?」Vol. 4

2018年11月8日 m3.com意識調査  カテゴリ: 投薬に関わる問題その他

m3.com意識調査で、日常的に漢方薬処方に携る医師1541人に西洋薬との併用を最も考えることの多い漢方薬について選択肢を示して尋ねたところ、116人の医師が「その他」を選んだ。この回答者に具体的な漢方名を聞くと、最多の21.6%が葛根湯(カッコントウ)と答えた。他にも、五苓散(ゴレイサン)や当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)などが挙げられた。ここでは、併用を検討する選択肢として挙げたその他の漢方薬について、理由とともに紹介する。Q.西洋薬との併用を検討することが最も多い漢方薬の質問で「その他」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞