m3.com トップ > 臨床ニュース > ファイザー ビンダケルカプセルで一変申請

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ファイザー ビンダケルカプセルで一変申請

2018年11月6日 ミクスOnline  カテゴリ: 循環器疾患血液疾患神経内科疾患腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

ファイザーは11月2日、ビンダケルカプセル20mg(一般名:タファミジスメグルミン)について、進行性の心不全を伴い死に至る希少疾病の「トランスサイレチン型心アミロイドーシス」(以下、ATTR-CM)の効能追加申請を同日に行ったと発表した。厚労省は18年3月に、同剤のATTR-CMの適応症について、早期の実用化を支援する「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定し、5月には希少疾病用医薬品に指定した。承認されれば同剤は、初のATTR-CMを適応とする治療薬になる。ATTR-CMは、トランスサイレチンと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞