m3.com トップ > 臨床ニュース > 終末期と看取りだけではダメなんです!【時流◆高齢者医療の新概念“PACS”を提案】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

終末期と看取りだけではダメなんです!【時流◆高齢者医療の新概念“PACS”を提案】 日立総合病院救命救急センター・中村謙介氏に聞く-Vol. 1

2018年11月8日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患救急

第21回日本臨床救急医学会での発表で紹介したように(「寝たきりより嚥下障害の転院困難が深刻」参照)、高齢者の増加に伴い、終末期や看取りだけでなく「その手前」の状況での医療提供をどう考えるのかが喫緊の課題となりつつある。発表を行った日立総合病院救命救急センター・センター長の中村謙介氏は、この問題を医学的に解決するための指標作りの端緒として「救急医療全般に伴う精神身体能力の低下(PACS:Post-AcuteCareSyndrome)」という新概念を提案しようとしている。(m3.com編集部・坂口恵...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞