m3.com トップ > 臨床ニュース > 皮膚へのビタミンC塗布は紫外線を浴びる前がより効果的

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

皮膚へのビタミンC塗布は紫外線を浴びる前がより効果的

2018年11月9日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患皮膚疾患

東京都健康長寿医療センターは11月6日、皮膚へのビタミンC塗布は紫外線を浴びる前が効果的であることを明らかにしたと発表した。この研究は、同センターの石神昭人研究部長、船越智子技術員、河島早紀連携大学院生らが、北陸大学の佐藤安訓講師、東邦大学の永田喜三郎教授、東京医科歯科大学の吉田雅幸教授、株式会社リソウと共同で行ったもの。研究成果は「ScientificReports」に掲載されている。紫外線B波(UVB、280-320nm)は、皮膚の表皮層に吸収され、炎症や細胞死の原因となる活性酸素種を産生す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞