m3.com トップ > 臨床ニュース > 【取材後記】行き場ない「歩ける嚥下困難患者」?!

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

【取材後記】行き場ない「歩ける嚥下困難患者」?! 日立総合病院救命救急センター・中村謙介氏に聞く-Vol. 2

2018年11月13日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患耳鼻咽喉科疾患救急

前回の記事『終末期と看取りだけではダメなんです!』はこちら「よかったら、救命救急センターを見ていってください。取材許可も取っているので、どうぞ」取材した日立総合病院救命救急センター・センター長の中村謙介氏に案内された先には、大きな病院のロビーくらいはありそうな集中治療室(ICU)と救急の病床。ICU病床18床、救急集中治療科兼救急総合診療科の常勤医師は10人(初期研修医は常時7-8人研修)、ドクターカー、ラピッドカーも擁する大所帯だ。部屋の中央には、患者一人一人の様子を常に観察するためのモニター...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞