m3.com トップ > 臨床ニュース > 年間約2万件発症の重症低血糖 その予測と対応は

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

年間約2万件発症の重症低血糖 その予測と対応は

2018年11月15日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患

血糖変動のリアルタイムモニタリングが可能となる、持続グルコースモニタリングシステム「ガーディアンコネクト」の上市を年末に予定する日本メドトロニック株式会社が11月9日、メディアセミナーを開催。徳島大学先端酵素学研究所糖尿病臨床・研究開発センターセンター長の松久宗英氏が「インスリン治療に伴う重症低血糖・低血糖の予測と対応」について講演を行った。日本糖尿病学会では、ガイドラインや専門医研修ガイドブックなどで、血糖値が70mg/dl以下の場合を「低血糖」、さらに回復に第三者の援助を要したり、痙攣や昏睡...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞