m3.com トップ > 臨床ニュース > 進行・転移性乳がん対象のパルボシクリブに関する医師主導治験を開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

進行・転移性乳がん対象のパルボシクリブに関する医師主導治験を開始

2018年11月16日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般外科疾患産婦人科疾患投薬に関わる問題

国立がん研究センターは11月12日、進行または転移性乳がん患者を対象に、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害剤「パルボシクリブ」の医師主導治験(試験略称:NCCH1607、PATHWAY、UMIN試験ID:UMINUMIN000030816、ClinicalTrials.gov登録番号:NCT03423199)を開始したと発表した。この試験は、国がん中央病院が主導して、日本12施設、韓国6施設、台湾3施設、シンガポール2施設が参加するアジア圏での国際共同医師主導治験。参加4か国において試...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞