m3.com トップ > 臨床ニュース > パーキンソン病の根治的治療を目指して【時流◆臨床の明日はどっちだ】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

パーキンソン病の根治的治療を目指して【時流◆臨床の明日はどっちだ】 治験責任医師を務める京大病院教授・高橋良輔氏に聞く-Vol.2

2018年11月20日 時流  カテゴリ: 精神科疾患脳神経外科疾患その他

再生医療の未来について語る高橋良輔氏加齢黄斑変性症、重篤な心疾患、そしてパーキンソン病と、iPS細胞を用いた臨床試験が進められている。再生医療によって臨床現場はどのように変わるのだろうか。iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者へと移植する医師主導の臨床試験の治験責任医師を務める京都大学医学部附属病院教授の高橋良輔氏に話を伺った。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・宮内諭)再生医療はパーキンソン病の治療に向いている――今後、再生医療はどのように進化し、臨床現場にどのような影響を与えると...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞