m3.com トップ > 臨床ニュース > BCGワクチン問題で厚労省が留意事項

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

BCGワクチン問題で厚労省が留意事項 添付以外の生理食塩液で接種を

2018年11月22日 医薬品医療機器総合機構  カテゴリ: 小児科疾患感染症

医薬品医療機器総合機構(PMDA)はこのほど、乾燥BCGワクチン(経皮用・1人用)の添付溶剤(生理食塩液)から国の定める基準を超える濃度のヒ素が検出され、一時出荷停止となった問題で、厚生労働省がまとめた同製品取り扱いに関する留意事項を同機構ホームページに掲載した。新たな製品が供給されるまでの対応として、添付の生理食塩液以外の日本薬局方生理食塩液を正確に0.15mL量り取り、規定の手順でBCGワクチンを懸濁し、管針を用いて経皮接種する方法が示されている。BCGワクチンは、日本ビーシージー製造株式会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞