m3.com トップ > 臨床ニュース > I型アレルギー反応を即時に阻止する抗IgE抗体Fabを作製

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

I型アレルギー反応を即時に阻止する抗IgE抗体Fabを作製

2018年11月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患アレルギー疾患小児科疾患耳鼻咽喉科疾患皮膚疾患

順天堂大学は11月20日、喘息、花粉症、食物アレルギーに代表されるI型(即時型)アレルギー疾患モデルに即効する抗IgE抗体Fab(クローン名:6HD5)の作製に成功したと発表した。この研究は、同大医学部附属練馬病院血液内科の平野隆雄客員教授、同大大学院医学研究科研究基盤センターの小柳明美助教、アトピー疾患研究センターの北浦次郎先任准教授および奧村康センター長らの研究グループが、理化学研究所の眞貝洋一主任研究員らと共同で行ったもの。研究成果は「ScientificReports」に掲載されている。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞