m3.com トップ > 臨床ニュース > 癌個別化医療に向けた遺伝子パネル検査、始まる【時流◆癌治療のこれから】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

癌個別化医療に向けた遺伝子パネル検査、始まる【時流◆癌治療のこれから】 責任研究者を務める東大病院准教授・織田克利氏に聞く-Vol.1

2018年11月27日 時流  カテゴリ: 検査に関わる問題その他

TOPについて説明する織田克利氏近年、1回の検査で数多くの遺伝子変異を網羅的に解析できる「遺伝子パネル」が相次いで開発されている。厚生労働省は今年10月、東京大学医学部附属病院の遺伝子パネル検査「TodaiOncoPanel(TOP)」を「先進医療B」としたことを報告した。TOPはどのような特長を持ったパネル検査なのだろうか。そして治療費はどの程度になるのだろうか。TOPの責任研究者である東京大学医学部附属病院准教授の織田克利氏に話を聞いた。(聞き手・まとめ:m3.com編集部・宮内諭)次回の記...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞